--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-26(Sat)

バカの壁 養老孟司


言わずと知れた、大ヒットしたビジネス書。
軽い気持ちで手にとりましたが、大変面白かったです。
もっと早く読めば良かった。

本書は、一元論であふれている現代社会の価値観に、
疑問を投げかけている本です。
一元論のもとでは、真実は1つしかない。
100%、と言い切れるはずのないことでも、
簡単に100%と言い切ってしまう傲慢さがそこにはある。
意識があれば無意識があり、身体があれば心があり、
都市があれば農村があるのに、
私たちは手に入れた情報を唯一のものであるかのように認識し、
簡単に「わかった」気になってしまう。
そうして、自分と違う立場を認めることができず、
決して分かり合うこともできない「壁」を自らつくってしまうことになる。
内容としては、こんな感じです。

個人的には、揺らぐのは自分で、情報は揺らがない。
人間の行動は、入ってきた情報に対して自分で判断した重みを掛けて、
それがゼロでなければ(つまり重み/価値観がゼロでなければ)
プラス、あるいはマイナスの形で出力される、というのが
大変印象に残りました。

凹むのも嬉しいのも、その情報が自分にとって、
プラスであれマイナスであれ、
意味があることだからなんだな、と思って、なんだか勇気づけられました。

まとまりのないレビューになってしまいましたが、
この本、私は読んでよかったと思ってます。

文章も、筆者が語ったものを出版社の方が
文章にしたものとのことなので、読みやすいです。
好みはあると思いますが、気になった方は手にとってみて損はないと思います。

スポンサーサイト

2008-07-26(Sat)

頭がいい人、悪い人の話し方 樋口裕一

頭悪そうな話し方をしている自覚だけはあったので、こそこそ買って読んでみました(苦笑)。
読みやすい文体で書かれているので、それほど意気込まなくてもすぐに読めてしまうと思います。
…ひょっとしたら、自覚している以上に切実な気持ちだったから、あっという間に読了してしまった
だけ、だったりするのかもしれないのですが。。。

まあ、そんなことは置くとして。
この本のコンセプトは、
『学生の間は、頭の良し悪しは点数(テストの)で測ることができる。
でも、社会人になったら?判断材料はそのひとの話し方しかない。
それならどういう話し方をすれば賢く見えるのかを知るために、
対極にあると考えられる、ひとに嫌がられる話し方の例を出し、
そこから周囲のひとの対策や自分がそうだった場合、
自覚するためのポイントを考えよう』
というものです。

その、『愚かに見える話し方』なるものに
どういう例が挙げられているかというと、
『ケチばかりつける』『感情の起伏が激しい』『ぐずぐず話す』
など、全部で40もの、愚かな話し方をする人の例が挙げられています。

項目を見ても内容を読んでも「そんなの当たり前じゃん」
って思うようなのばかりなのですが、
「こういうひといるよなあ」と他人事のように思う項目あり、
「自分のことじゃん・・・」とぐさぐさ突き刺さる項目ありで、
私としては中々考えさせられました。
ただ、わかりやすく書こうとするあまり極端な言い回しになってしまったのか、
「そこまで言わなくても…」と、思ってしまう書き方もちらほらありました。

話し方って自分を演出することだなあ、と今更ながら思ったりします。
自分がどういう人間か、判断するのは自分以外のひとだと思っていたけれど、
判断材料を用意するのは自分なんですよね。
みんながみんな、この本の内容と同じ価値観を持っているとは思わないけれど、
会社などの公的な場では、一般的な判断基準、といえる内容のような気がします。
読んでいて損はないと思います。
まぁ、本当に、当り前のことしか書いてないんですけどね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。