--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-27(Sun)

夢をかなえるゾウ 水野敬也

くくりがビジネス書でいいのか不安ですが…なんかビジネス書のところに平積みされているイメージなのでこのカテゴリにしました。

ある日、主人公が目覚めると、関西弁でしゃべるゾウの神様、ガネーシャがいた。
変わりたいと思っている主人公は、半信半疑で、ガネーシャの与える課題をこなしていく…

と、このようなあらすじの、飽きずに読める、ためになる本。

さまざまな偉人も自分が育てたというガネーシャは、その偉人のエピソードを交えて、
一見当たり前だったり、どうしてこんなこと?というような思いもつかない課題をいくつも
提示します。

課題は、「靴をみがく(自分のために働いているものを大事に扱う)」、
「意識ではなく具体的な行動を変える」、「食事を腹八分で抑える(自分をコントロールする)」などの
前向きに、広い視点でものを見て行動するための考え方を示すものに始まり、
後半はより具体的なものになっていきます。

個人的には後半で出てきたある課題に本当にどきりとしました。
主人公同様、もう考えないようにしていたことに思い当たりがあったので。
だから、また読書ブログつけよう、と思えたんです。
(本当に続けられるのかという不安は残りますが…)

なんだか課題の内容ばかり触れてしまいましたが、
主人公がフツーのひとで、ガネーシャがとても神様らしくない神様で、
ふたりのやりとりが明るくてすごく笑えます。そこもすごくよかったと思います。

ところで、ガネーシャはインドでもっとも親しまれている神様らしいです。
もしインドに行くことがあれば、ガネーシャの置物探して買ってきたいです。
(あるのか?そして行くのか?)
スポンサーサイト

2008-07-27(Sun)

情報は1冊のノートにまとめなさい 奥野宣之

パソコンの処理速度を上げるために余計なものを消すように、
常に携帯しているノートに思いついたことを書き込むことで、
頭をいつでも使える状態にしよう!!というコンセプトの本です。

…たぶん。少なくとも私はそうだと思いました。

記事や書類の貼り付けにも最適なA6ノートを1冊常に携帯し、
日記、アイディア、いつか調べたいこと、ビジネスの記録等、
カテゴリわけなどせずに思いついた順番にメモすることで、
自分にとってのデータベースができあがります。

ただ、量が膨大になることを考えて、
どのノートに何があるかだけは索引としてテキストファイルに保存します。

これでばっちりです。

あとは、スケジュールを持ち歩きたい場合、
お風呂の中で書きたい場合など、実用的なアイディアや
文房具の紹介などがされています。

個人的には、お風呂で書けるペンとノートの存在に感動しました。
今度探してきます(どうでもいい)。

面白いなあ、と思ったけど、実際この手法を使用するかはまだわかりません。

でも、情報は目に付く場所においてこそ醗酵していいものになるし、

使える、というのは一理あると思うので、したいのはやまやまですが。。。

ちなみに、著者の奥野氏は記者としてノートの整理を試行錯誤した結果、

本書で紹介している一元化に行きついたとのことです。

わたしも、会社で使ってるノートの内容ぐらいは、
早めに一元化を考えて索引とか作ったほうがいいかもなぁ、と思います。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。